ED(勃起不全)

ED対策|勃起障害にならないための予防策をご紹介

投稿日:

誰もがEDのリスクを抱えているとはいえ、ほんの少しの意識だけでそのリスクは随分と小さくなります。

最終的に加齢を原因とするEDのリスクは避けられないでしょうが、早いうちからしっかりと対策していれば、それこそ80歳を超えてなお現役バリバリな状態も不可能ではありません。

より長い期間にわたって精力的な状態が維持できるよう日常に潜んでいるEDのリスクを知り、効果的に予防策を講じていきましょう。

生活習慣の改善

EDの原因としては、大きく「器質性」「心因性」の2つがあります。

器質性とは、要するに「体の内部(臓器や組織など)に原因がある状態」のことで、たとえば血管が詰まったり血液濃度が高くなったりして血流が悪化したことが原因でEDになることを意味しています。

血管、神経、ホルモンや外傷などが原因で起こるものはすべてこれに該当するわけですが、これを避ける方法として「規則正しく健康的な生活をする」ということが効果的です。

暴飲暴食を控えてバランスの良い食生活をし、適度な運動と十分な睡眠をとって体の健康を高い水準で維持することができれば上記のリスクを下げることができます。

ただ、運動に関しては本人のやる気次第でどうにかなることが多いとはいえ、その他はやる気だけではどうにもならない場合もあります。

食事に関しては「サプリメント」を使って不足している栄養素を補う方法があるので、特に「ペニス増大、精力増強に効果がある」とされているシトルリン、アルギニン、亜鉛を摂るように心掛けると良いでしょう。

しかし、睡眠時間はそう簡単ではありません。仕事が忙しく不規則なことで慢性的な睡眠不足に陥っていたとして、この状態を本人の意思だけで改善することは簡単ではありません。

仮に余裕のある仕事に変更することができればそれも一つの手段ですが、どうしても解決策が見つからない場合は睡眠の「時間」ではなく「質」を高めるという方法で対応しましょう。

ストレスの発散方法を作る

ストレスによって血管に異常が起きてしまったり、ホルモンバランスが崩れたりすることは珍しくありません。

また、過去のトラウマやコンプレックスといった深層心理にあるストレスが引き金となって起こる「心因性ED」のリスクもあるので、ストレス解消にもしっかりと気を配ることが大切です。

器質性EDに比べ心因性EDを解消することは難しいとされますが、その理由の一つが「どこに原因があるのか分かりづらい」ということがあります。

「前回のセックスでパートナーに心無い言葉を投げかけられて深く傷ついた」という具合で理由がはっきりしている場合はまだ良いのですが、自覚しないままに蓄積されていたストレスの影響が突如として表面化した場合などは原因が特定しづらく、そこでの失敗がさらなるストレスやコンプレックスを生むきっかけになるという悪循環に陥るリスクもあります。

すべてのストレスを発散することはけっして簡単ではないですが、趣味などを見つけて上手に「ガス抜き」を心掛けましょう。

「方法が思いつかない!」という人のために、いくつか紹介しておきます。

  • 運動
  • 食べ歩き
  • カラオケ
  • 音楽
  • ヨガ
  • 旅行
  • ゲーム

飲酒・喫煙を控える

多少の飲酒は性欲を高める働きも期待できますが、過度な飲酒は逆効果になるばかりか器質性EDを引き起こす大きな要因にもなり得るので注意が必要です。当然、喫煙に関しては言わずもがなです。

特に女性と一緒の環境ではお酒を飲み過ぎないように意識することが大切ですが、アルコール依存症など自分自身で飲酒量をコントロールすることが難しい場合は専門的な環境で治療しましょう。

また、喫煙はアルコール以上に自分でコントロールすることが難しいので、禁煙外来などで専門的なサポートを受けるか、もしくはニコチンとタールを含まない「電子タバコ」に変えることも検討してみましょう。

喫煙による影響はすぐには現れにくいですが、飲酒の場合は「その場」ですぐに影響が出ます。

せっかく女性と一夜を共にする機会があっても、飲み過ぎで勃起せずセックスができなかった場合は、それ自体が大きなストレスとして蓄積されかねません。女性側にしても「頼りない」などとネガティブな印象を持たれてしまう可能性もあり、それが原因でチャンスを不意にすることにもなり兼ねません。

すると、これがまた自分を苦しめる要因(失敗体験による恐怖心、コンプレックス)となりEDのリスクを増加させます。特に心因性EDは些細なきっかけで発症する可能性があるため、十分に注意することが大切です。

-ED(勃起不全)

Copyright© おすすめペニス増大サプリ|成分・効果・副作用から選び方をご紹介 , 2018 All Rights Reserved.