ED(勃起不全)

彼氏・旦那がEDになったときの女性の対処方法

投稿日:

彼氏(旦那)がもしED(勃起不全)になってしまったとしたら、女性としてはたくさんのストレスを感じることでしょう。

「私に魅力がないから」「他の女性に合ってしまったから」「好かれていない」「浮気をしている」などさまざまなことが頭を過ぎるかもしれませんが、一番大切なことは彼氏(旦那)をフォローすることです。

彼氏(旦那)がEDになる原因は?

EDを発症する要因は複数ありますが、特定の相手(パートナー)とセックスをしている環境で突然発症した場合は、特に「体調の問題」を気にした方が良いでしょう。

たとえば、暴飲暴食で心身ともに疲労やストレスが蓄積してしまっている状況や、慢性的な睡眠不足で全身の血流が滞って勃起力が減退している可能性があります。

また、このほかにも運動不足、飲酒やたばこが引き金(飲酒の場合は単なる飲み過ぎの可能性も)となっている可能性もあります。

単純に不摂生が原因で一時的に体調が悪いような状況であれば重く考えなくとも大丈夫でしょう。

また、「オナニーのやり方が悪い」というような原因でEDの症状(膣内射精障害など)が出てしまった場合には、いったんオナニーを止めさせてセックス(必ずしも挿入を必要としない)でのみ射精させるようにすることで改善が期待できます。

これらは、基本的に症状を引き起こした原因(特に一時的なもの)が改善できればすぐに解決される可能性が高いものです。

お酒の飲みすぎで上手に勃起しなかった場合など、「ほとんどがそうなるので気にする必要もない」といえるでしょうが、問題はそれによって精神的にストレスを抱えてしまった場合です。

一時的な症状ならば解決は難しくありませんが、そこから精神的なEDへと発展してしまった場合は長いスパンで取り組んでいくつもりでじっくり取り組んでいきましょう。

EDの原因になる女性(彼女・妻)の言動・行動

精神的な影響でEDを発症する要因として、「セックスの失敗」「コンプレックス」などが大きく影響します。

ただ、それまでは特に不自由することなくセックスができていた状態の彼氏(旦那)がEDを発症してしまう状況というのは、これまで抑圧されてきたストレスが表面化したと考えることもできます。

特に精神的な影響で起こるEDを「心因性ED」といいますが、原因の多くは他愛もないことです。

前項で触れた生活習慣などを原因とするものは自己責任ですが、もしかすると彼女(妻)に彼氏(旦那)がEDになってしまう原因があるかもしれません。

セックス中および終わった後にネガティブな発言(特にセックス自体に関して)をする
特にペニスの大きさ、勃起力、勃起の持続力や状態、射精までの時間などを根拠とする不満、またはネガティブな印象を口にする。

ムードを壊すような行動、発言をする

「プレイ」としてであれば問題ないが、そうではない状況でムードを壊すような行動(下着や裸でうろつく、自分で脱ぐ、つまらなそうな態度をするなど)、言動(友人関係や環境に対する愚痴やまったく関係のない話題を出す、すぐに終わらせて欲しいと言うなど)をする。

女性らしさ(ムダ毛処理や恥じらいなど)が不足する
男性によっては「起爆剤」(フェティシズム)となる可能性もあるが、“明らかに”手を抜いたであろうムダ毛処理の甘さや、恥じらいを失った横柄な態度をとる。

視覚的に「萎える」状態になる
下着が揃っていない、ボロボロの下着をつけている、(女性としてキレイでいる努力を怠っているという意味で)スタイルが悪くなった、いつも暗い中でしかセックスをしないなど。

このうち1つでも当てはまる場合は、それが彼氏(旦那)をEDにしてしまったきっかけかもしれません。

もちろん意識的に彼氏(旦那)を不快にさせようとセックス中に画策することはないでしょうが、無意識下でしてしまっている場合が一番質が悪いです。

自覚できない問題が引き金となっている可能性を含め、一度自分自身を振り返ってみましょう。

EDの原因はほとんどが心因性!責めると悪化する恐れも

女性はよほどでもない限り肉体的にセックスができない状態にはなりませんが、男性はちょっとしたきっかけでそうなる可能性があります。

分かりやすい例でいえば「泥酔」がありますが、酔っている影響もあって男性自身は「セックスがしたい!!」と思っていたとしてもペニスが勃起しないことはよくあります。

ただ、これはあくまでも要因が外にあるのであまり問題になることはありません。

しかし、「精神的なストレスやコンプレックス」などを原因とする心因性EDに陥ると、解決までに多くの時間が必要になる可能性が高くなってしまいます。

理由が何であれ、「なんで立たないの?」「もう終わり?」「ちっちゃい(笑)」など男性にとって大きなストレスを与えるような発言をしてしまった場合、その一言が引き金となって重度のEDに陥る可能性があることを覚えておきましょう。

特に彼氏(旦那)とのセックスにマンネリを感じている状態だと不本意な発言をしてしまうことが増えるため、十分に注意しましょう。

彼氏(旦那)のEDが精神的な部分に起因しているものだと分かっているのであれば、精神的なストレスを与える発言はしないようにするのはもちろんですが、だからといってセックス自体を避けるような行動をするのは逆効果です。

「余計なストレスを感じて欲しくないから……」と気を使っているのだとしても、それによって「もう俺とはセックスしたくないのかもしれない……」「満足できないのだろう……」と彼氏(旦那)に思わせてしまうと、余計に症状が悪化する可能性大です。

スローセックスに代表されるように「オーガズムありき」のセックスではなく、お互いの信頼を深めるスキンシップとして捉えてむしろ積極的に取り組んだ方が良いでしょう。

ED改善に最も必要なのは精神的なケアと改善への協力関係

ED改善は一朝一夕でできるものではありません。当然、場合によってはあっという間に解決してしまうこともあるでしょうが、基本的にはそれなりの期間を掛けて共に取り組んでいく問題です。

加齢による摂理として男性機能が失われるのであれば何も問題ないでしょう。

しかし、「もっとセックスがしたい」「まだまだ男として現役だ」と思っている男性にとって、仮に偶然でも男性機能が正常ではない状態を体感すると非常に大きなストレス(コンプレックス)を抱えることになります。

これは男性が一人で解決できる問題ではなく、パートナーとの信頼関係があって初めて問題を解決できるものです。

実際に何度もセックスに取り組んで解決を待つという方法が有効な場合もゼロではないものの、それよりも会話や日常的な環境の中で男性が抱えているストレスに対して寄り添ってサポートしていく姿勢を見せることが大切です。

ED改善には増大サプリを飲むこともおすすめ

彼氏(旦那)のED改善に向けてできることはたくさんありますが、1つの選択肢として「ペニス増大サプリ」や「精力剤」と呼ばれる類の力を借りるという方法もあります。

コンビニなどでワンコインで購入できるものはほとんど期待できない(プラセボ効果程度)のですが、専門的に製造販売されているものならば一定程度の効果が期待できます。

ペニス増大サプリには勃起力を向上させる成分が配合されているので、不足している勃起力を補助する働きがあります。

また、その効果によってペニスのサイズアップ、持続時間の向上などにも十分期待が持てるため、複合的に彼氏(旦那)の自信回復に効果的です。

-ED(勃起不全)

Copyright© おすすめペニス増大サプリ|成分・効果・副作用から選び方をご紹介 , 2018 All Rights Reserved.