EDとは勃起機能の低下を意味する言葉です。多くの日本人男性が悩まされているEDですが、このページではそんなEDの原因や症状・改善方法などを詳しくご紹介していきます。またおすすめのEDサプリなどもまとめていますのでEDでお悩みの男性は是非一度参考にしていみてください。

ED(勃起不全)とは?原因や症状・改善方法をご紹介

男性にとって、その名を聞くだけでも身の毛がよだつといっても過言ではないであろう「ED(勃起不全)」に関して正しい知識を持っている人はあまり多くありません。

「ペニスが勃起しない」というさわりの部分は知っていても、「なぜED(勃起不全)になるのか?」「どうすれば解消できるのか?」などは知らないことが大半です。

そこで、今回はED(勃起不全)について詳しく紹介していきます。

ED(勃起不全)とは?

ED(勃起不全)とは、「Erectile Dysfunction(エレクタイル ディスファンクション)」の略で、男性の勃起機能が低下する状態を指します。

勃起不全と聞くと、「勃起しない状態」を指しているように思えるかもしれませんがそうではありません。

勃起までに時間がかかってしまう、勃起状態を維持できない(中折れ)などもED(勃起不全)として分類される症状です。

要するに、勃起が原因でセックスが満足に行えない状態なのですが、次のように定義されています。

「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」

ED(勃起不全)の原因

ED(勃起不全)の原因は、多種多様です。

分かりやすく次の3つに分類することはできますが、実態は3パターンでは済まないくらい複雑な要因で起こる症状のため、細心の注意を払って対処する必要があります。

「心」に原因がある
日常的なストレスや不安などが引き金となってED(勃起不全)に陥ります。

同じような心理的な原因を持つED(勃起不全)でも、さらに「現実心因」「深層心因」に分けられるといわれています。

  • 過去にパートナーとのセックスで苦い思いをした
  • 自身のペニスやセックススキルにコンプレックスを持っている
  • 精神的な疲労や寝不足

などのよくある原因はいずれも現実心因に分類されることからも分かる通り全体的な割合としての主流は現実心因で、深層心因によってED(勃起不全)に陥る比率はそれほど多くありません。

「体」に原因がある
分かりやすい例でいうと、「オナニーの方法が正しくない」という理由でED(勃起不全)に陥ることを指しているわけですが、現実の状況は多種多様です。

①加齢によるもの
「歳を取ったから勃起が弱くなった」というのがこれです。

加齢によって勃起力が減少すること自体は特におかしなことではありませんが、以下で示す別の要因が複合していなければ70代でも80代でも問題なくペニスは機能します。

②生活習慣病
現代病といわれているような病気(糖尿病、高血圧など)が原因で勃起機能が減退した場合がこれです。

はっきりと素人目に原因が分かるものではありません。たとえば、「ペニスの動脈に硬化傾向が表れた場合はED(勃起不全)の症状が起こりやすいです。

ペニスが勃起するメカニズムに「血液(血流)」は直結しているため、これに異常が起こる問題は関係性が大きいと思いましょう。

③神経系
正常に勃起するためには神経が大きな役割を務めています。

交感神経や副交感神経が性的刺激によって作用することでペニスへ血液が集まるわけですが、その途中で神経異常が起こった場合はED(勃起不全)になる可能性があります。

④外傷によるもの
前立腺がん、膀胱がんなど骨盤内の臓器を摘出するような手術場合、陰茎海綿体の血管または神経系を損傷する可能性があります。

がん細胞を取り除かない限り命に係わる状況に陥るリスクがあるためコントロールすることは簡単ではありません。

ただ、最近では男性機能の維持を目的とした手術の相談ができるようになってきているので、事前に医師と十分に話し合う必要があります。

⑤その他
前立腺肥大症や前立腺炎といった泌尿器系の疾患はED(勃起不全)の原因となり得る可能性があります。

また、血液透析を受けている場合ホルモンが変化して動脈硬化や神経障害が進行しやすく、それによって症状が起こる可能性もあります。

それ以外に原因がある
傾向としてはけっして多数派とはいえませんが、たとえば抗うつ剤や血圧を下げる薬を服用している場合にED(勃起不全)に陥る可能性があります。

可能性のある薬剤は多く、たとえば中枢神経、末梢神経に作用するものや循環器系に作用するものは注意しましょう。

ED(勃起不全)の症状

医学的には同じED(勃起不全)だとしても、人によって現れる症状には違いがあります。

「何となく勃起力が衰えてきたかな?」という程度の認識しかない人もいれば、「魅力的な女性を目の前にして意欲もあるのにペニスだけが勃起しない」という状況もあり得ます。

それこそ、ほとんどの場合で問題なく勃起しセックスができても、10回に1回ほどの頻度で意思に反して勃起しないことがある場合もED(勃起不全)の可能性があります。

明確な基準ではないかもしれませんが、自身の勃起に関して少しでも違和感や不安を感じる場合は専門医への相談を検討しましょう。

ED(勃起不全)の改善方法

ED(勃起不全)を引き起こしている原因に応じて改善方法は異なり、すべての症状に対して効果的なものはありません。

ただ、多くの要因がお互いに深く関係し合っている可能性が高いため、ある改善方法を試すことで症状の緩和、解消が見込める可能性もあります。

それこそ「バイアグラ」などのED治療薬を用いる方法は非常に効果が高いもので、加齢など「体」に原因があるものから「心」に原因があるものまで幅広く対応することができます。

ED(勃起不全)に効くおすすめ増大サプリ

いわゆる「ペニス増大サプリ」には、ペニスを増大させるために効果的な成分が配合されているというよりは、ペニスをより勃起しやすい状態にする成分が多く配合されています。

表現的には少々分かりづらい部分もあるでしょうが、「勃起をすることでペニスが成長し増大する可能性がある」というメカニズムに則ってアプローチするものがペニス増大サプリであり、ベースは勃起力増強です。

現状、ペニス増大効果が期待できるとされている成分は「シトルリン」「アルギニン」の2つですが、これらはいずれも血管の拡張とそれによる血流増進効果があります。

世にある「ペニス増大サプリ」の多くがこれらの成分を配合していますが、重要なことは「配合している」ということではなく「どのくらい配合しているのか」であり、より効果が期待できるものを選ぶ必要があります。

EDの改善には規則的な生活を心がけよう

ED(勃起不全)は男性にとって恐怖としか言いようがない症状ですが、これを完全に予防することは容易ではありません。

原因になりやすい心や体の原因をすべて排除することはほぼ不可能といって良いでしょう。

「絶対にリスクはなくならない」という認識のもと、少しでもリスクを減らせるような生活環境、および精神状態を整えられるような生活を強く意識し、日々努力することが大切です。

まずは、最も簡単な「規則正しい生活」を意識して生活することから始めましょう。

ペニス増大サプリメント

「ED(勃起不全)」 一覧

no image

ED(勃起不全)

EDに効果のある精力サプリの選び方

2018/07/24  

ED(勃起不全)の治療方法としてはポピュラーなED治療薬(バイアグラ、シアリス、レビトラ)は、勃起を阻害する要因を抑える効果が特徴的です。 それだけでなくペニス周辺の血管を拡張して血流を増進させるよう ...

no image

ED(勃起不全)

彼氏・旦那がEDになったときの女性の対処方法

2018/07/24  

彼氏(旦那)がもしED(勃起不全)になってしまったとしたら、女性としてはたくさんのストレスを感じることでしょう。 「私に魅力がないから」「他の女性に合ってしまったから」「好かれていない」「浮気をしてい ...

no image

ED(勃起不全)

ED対策|勃起障害にならないための予防策をご紹介

2018/07/24  

誰もがEDのリスクを抱えているとはいえ、ほんの少しの意識だけでそのリスクは随分と小さくなります。 最終的に加齢を原因とするEDのリスクは避けられないでしょうが、早いうちからしっかりと対策していれば、そ ...

no image

ED(勃起不全)

ED(勃起不全)の主な症状と原因について

2018/07/24  

若いうちは特に不安を感じることは少ないでしょうが、「自分は大丈夫だ」と思っていてもいつ何時、何がきっかけで起こるか分からないものがED(勃起不全)です。 それこそ、昨日までは何の問題もなかったのに今日 ...

no image

ED(勃起不全)

ED(勃起不全)の改善方法・治し方をご紹介

2018/07/24  

「もし、自分のペニスが正常に機能しなくなったとしたら?」と聞かれ、特に何の印象も受けずにいられる男性はまず居ません。 ほとんどが絶望に近い印象を受け、「絶対に嫌だ」と感じます。 しかし、現実問題として ...

Copyright© おすすめペニス増大サプリ|成分・効果・副作用から選び方をご紹介 , 2018 All Rights Reserved.